迷ったら相談所へ

空と家保険の相談所では複数社の保険を取り扱っています。その人のライフスタイルを聞き、その人にあった保険をいくつかピックアップして提案してくれます。メーカーの保険会社とは違い、中立な立場で多数の保険会社を見ているので「相談したら保険を押し付けられるのではないか」という心配はありません。しかも無料で相談に乗ってくれます。相談に乗ってくれる方も保険会社でバリバリ営業をしていた人やフィナンシャルプランナーといった保険のプロの方なので安心して悩みを打ち明けることができるでしょう。

結婚、出産、転職、親の介護‥人生によって様々な分岐点があります。その節目節目で無駄なお金が出費していないかを見直すのはとても大切なことです。自分で見直すよりもプロの方に目を通してもらった方が断然良いと思いますので迷ったらぜひ保険の相談所を検討してみてください。予約をするに越したことはありませんが予約なしでふらっと行ってもきちんと対応してくれます。

また、保険の相談所は様々な会社があるためどの都道府県も自分の家の近くにとあるといった人も多いはずです。他にも、訪問型の保険相談所もあります。意外にも自分が入っている保険のことをよく知らないという方も多いです。保険の見直しへ相談に行った際にはぜひ自分の加入している保険も見せつつお勉強するのもおすすめです。

転職した時

家年収が大きく変わらなければ会社から会社への転職は保険の見直しはあまり必要ではありません。では、年収が下がってしまう場合となると、家族的にも保険料は安く抑えたいかと思います。これは保険の見直し時に専門家とお話し合いを進めていただければ良い回答が得られると思います。例えばですが結婚もしてマイホームも購入し、子供も生まれたとします。転職も行い、給与も落ちたとしましょう。そうなった時に逓減定期保険という保険があります。

これは契約から年数を追うごとに保険料が減額されていく仕組みになりますので住宅ローンやお子さんの学費で定期的に出費している場合はどんどん保険料が下がっていくので家計的に助かるという仕組みになっています。先ほど少し触れましたが、会社員から自営業をする場合は厚生年金から国民年金になるので死亡退職金がありません。死亡保障を増額するなど見直しが必要になってくるかも思います。

また、独立することによって厚生年金よりも国民年金の方が年金の受け取り額がとても少ないです。なので民間の個人年金保険に入るなど、専門家に相談することをおすすめします。転職とひとえにいえど会社員から会社員なのか会社員から自営業または自営業から会社員なのかによっても保険のあり方はそれぞれに変わってきます。

結婚した時

まずは結婚をした時において詳しく見ていきます。結婚をしたらご夫婦でどのような人生プランにしたいかを話し合うことがオススメです。子供はいつ何人くらいほしいのか、マイホームは購入するのか、共働きにするのかなどです。お子さんができた場合は学資保険に入ることで普通に貯金するよりも利率が良いので効率よくお金を貯めることができます。返戻率が120%近くもあったりするのでかなりお得です。さらにマイホームを購入する際は、死亡保障額から保険料を減額するなどできます。しかし団信という保険に入らなくてはならないので保険料としてはプラマイゼロかもしれませんが見直しの必要はあると言えます。

家計簿最近では結婚年齢も高まっていることからしっかりと保険については考えなくてはなりません。万が一のことを考えた時に働き手の旦那さんが亡くなったり病気で働けなくなってしまった時などを考えると死亡保険がそこそこ出るものを選んだり手当ての厚い保険をかけたいものです。

また、結婚した場合に奥さんの保険を軽くするという方が多いです。やはり一家の大黒柱である旦那さんの保険を充実させて専業主婦の奥さんの保険を安くして節約するという考え方かと思うのですが、働いていないから節約しとこうという考え方は少し迷うところです。奥さんが入院すると家事などが旦那さんに全て行きます。仕事との両立が難しく外食費がかさむなど意外と出費は多いのではないかと思われます。

保険見直しのタイミング

周りから、「保険見直しは定期的にした方が良いよ」と言われることはないでしょうか?ですが長年、保険をかけ続けていると、この保険を辞めるというのももったいなそうだし、かといってどうすれば自分にとってお得かということも分からないものです。ライフスタイルの転機の時に保険を見直すのが必要と言われています。

母と子具体的には就職や転職をした時、結婚をした時、子供ができた時、家を購入した時、親を扶養する時などです。結婚をすると新しい家族を作るということになるので生活の責任がかかってきます。養うとなるともし自分が養えない体になってしまった時に自分の家族達はどう生活していけばいいのか‥そのためにも保険は必須です。また結婚をして子供ができた場合に、扶養者が万が一病気などでお金が工面できなくなった時などに助けてもらえる学資保険などがあります。入学祝い金などもあるのでかけているに越したことはありません。

仕事の面でも保険は大切です。社会人になって保険に初めて加入するという方も多いかと思います。学生時代と違い、年齢を重ねるにつれて病気になる率は高まります。また、仕事で車通勤という方も多くなるかと思います。何かと学生の時よりは事故や病気になりやすいので社会人成り立ての方は保険にまず入ることをおすすめします。

また、普通に会社から会社へ転職する場合で年収が大きくは変わらないという時は保険の見直しはあまり必要ではないのですが(※後ほど詳しく説明)、起業・独立するといった場合は死亡退職金がなく厚生年金から国民年金に変わるので保険は見直しした方がオススメになります。